2011年8月25日木曜日

スティーブ・ジョブズ。革命家であり芸術家。お疲れ様でした。そしてありがとう!どうかお体をお大事に。 | 速報:スティーブ・ジョブズがAppleのCEOを辞任 - Tech Crunch Japan

速報:スティーブ・ジョブズがAppleのCEOを辞任―後任はティム・クック - Tech Crunch Japan

・・・私は常々、もし私がAppleのCEOとして果たすべき義務を果たすことができない日が来たらただちに皆さんにお知らせすると言ってきました。残念ながら、その日が来ました。・・・

うーむ。先日自伝の発売が前倒しされたという報道があったが、もしかして、この件に関係していたのか?

確かに、つい先日Appleは時価総額世界一の企業となった。

琴線探査: Appleは絶頂を迎えつつあるようだ。ということは・・・ | Apple、いっときExxonを抜いて「世界でももっとも時価総額の高い企業」となる - Tech Crunch Japan

ある意味十分燃え尽きたと言ってもいいのだろうけど、自分ならiOS5が出てから辞任するなぁ。ジョブズ氏もきっとそう思っていたに違いない。しかし、今このタイミングで辞任するということは・・・やはりジョブズ氏の体を心配せざるを得ない。

早速Appleの株価が下がり始めているようだ。いわゆる「カリスマリスク」だ。しかし、Appleはジョブズがいなくなったからと言って、そう簡単にパワーダウンしない。

なぜなら、まずジョブズはiPod、iPhone、iPadというプロダクトを残しただけでなく、iTunes StoreやAppleブランド、Apple DNAという今後も続くAppleの成長エンジンを残したから。そして、懸案だったiOSのPCフリー化にも道筋がついているし、iPhone、iPadの次の次のリリースくらいまでのロードマップもきっと用意されているだろう。

ということは、少なくともあと4年くらいはパワーダウンしない。

歴史的なジョブズのiPadのプレゼンをほぼリアルタイムで見られたことは幸運だった。しかし、もうこれからは彼のプレゼンを見られないのだなぁ。寂しい限りだ。

琴線探査: iPadビデオのハイライトキャプチャー30連発! やはりiPadは自分のライフスタイルを変えそうだ

パーソナルコンピューティング界の革命家であり芸術家、スティーブ・ジョブズ。大変お疲れ様でした。そしてありがとう!

どうかお体をお大事に・・・