2011年7月16日土曜日

「批判が怖くて、国会議員は務まりません」これこそまさしく代議士。つまりサムライ。 | 内閣不信任案提出を目指します。 - よこくめ勝仁(横粂勝仁)公式ブログ

内閣不信任案提出を目指します。 - よこくめ勝仁(横粂勝仁)公式ブログ - BLOGOS(ブロゴス)

・・・「誰かがどうにかしてくれるだろう」とか、「先に動くと良くない」と考え、国家の危機を主体的に解決しようとしないようでは、国会議員とは言えません。・・・一事不再議・・・ルールを作り、時には国家国民のためにルールを変えることこそ、立法府の一員である国会議員の役目・・・私には、内閣不信任案を提出する権限がある・・・50人以上の賛成者が必要・・・「無理だ」と言われると思います・・・「無理だ」と言われても行動・・・批判が怖くて、国会議員は務まりません・・・


むーん。いちいちごもっとも。

他の議員だけでなく、国民も冷笑を浮かべながら「この純粋まっすぐ君が」とか「そんな青いことを言ってられるのも今のうちだ」とか言う人がいるかもしれない。実際、その通りかもしれない。

しかし、自分はよこくめ議員ほどまっすぐな議論をする議員を見たことがない。政治不信といわれる今の日本だからこそ、彼のような政治家が本当に必要と思う。

応援したい議員のひとりだ。いや、最高の敬意を表して、代議「士」とお呼びしよう。代議士とは、つまり国民を代表して国政を動かすサムライのことだ。

追記11.10.12:「横粂代議士」とお呼びするのは、まだ早かったかな・・・と

琴線探査: 内閣総理大臣がアイドルを引き連れている画を想像できますか? | BiLLARS募集について|よこくめ勝仁(横粂勝仁)公式ブログ 『よこくめチャンネル』