2011年11月30日水曜日

Twitterで改めて思う。やっぱ日本語は素晴らしぃ〜ね!

Twitter Japan代表、「明日の発表をお楽しみに」(BLOGOS編集部) - BLOGOS(ブロゴス)

・・・Twitter Japan代表の近藤正晃ジェームス氏・・・Twitterは日本市場を世界でも最も重視しているという。近藤氏によれば、「ユーザーのアクティブ度合いが群を抜いている」そうで、1人あたりのツイート数も世界有数のレベルにある・・・実は日本語という言語はTwitterを利用するにあたってとても有利・・・英語に訳すと140字では収まらなくなってしまう・・・英語圏では、非公式RTを使ったツイートがあまり出てこない・・・短い文中に感情を凝縮するテクニック・・・世界におけるTwitterの使われ方を見ると、多くのアイデアが日本から生まれている・・・

「日本語という言語はTwitterを利用するにあたってとても有利」

日本語は僅かな文字数でも結構たくさんの情報を詰め込むことができるから、そうだと思う。

「短い文中に感情を凝縮するテクニック」

これはまさに「短歌」「俳句」の世界。つまり、五・七・五・七・七。さらには五・七・五の様式美の世界ですよ。

言語表現におけるミニマリズムの極致。やはり日本語は素晴らしいぃ〜ね!