2011年10月25日火曜日

ジョブズのタートルについての日経の記事は「RT」にすぎなかったのかも・・・

先日、ジョブズのタートルはどうやらイッセイミヤケっぽいという記事を書いた。

琴線探査: ジョブズのタートルはどうやら「イッセイミヤケ」がREALっぽい

この記事のコメントで、どうやら候補のブランドの一つ「セントクロイ」を作っているKnitcraft社は、どうやらウソぽんを言っていたらしいという情報を頂いた。

ジョブズ氏愛用の黒タートルめぐり、ミネソタのニットメーカーが弁解? | The Wall Street News

【ニューヨーク=福山万里子】・・・Knitcraft社のブランド、セントクロイ・・・インタビューに応えた同社の創業者らが、「ジョブズ氏が顧客だったとは言ってない」と、前言を撤回し始めているという・・・ホームページ上でジョブズ氏の写真付きで黒タートル「スタイル1990」を宣伝していたセントクロイは、「(ジョブズ氏は)セントクロイのファンだった」という一文を削除(詳しくは、米ゴシップサイトThe Smoking Gunに写真付きで掲載)。ただし、今も「追悼 スティーブ・ジョブズ」というタイトルはそのままで、同氏の写真掲載も続けている。・・・The Wall Street Newsでは、東京とニューヨークのイッセイ・ミヤケのオフィスにも、メールで問い合わせ中。・・・

もしこの情報が本当なら、セントクロイはケシカラン!

ところで、ジョブズはこれを許すだろうか?AndroidがiOSをパクったとしてGoogleを叩き潰すためなら核戦争も厭わないと言ったらしいジョブズなら、絶対許さないと思うね(^^);


この記事を書いている福山万里子氏はBlogosでもよく記事を見かける方だ。しかし申し訳ないけど、この情報だって真実かどうかは分からない。

しかし、少なくとも彼女は署名入りで記事を書いているし、自分が出している情報が不確かかもしれないと考えてイッセイミヤケに確認を取ろうとしている。


一方、先日の日経の記事は、署名はあったが「セントクロイ」と断定している、ようにしか自分には見えない。

琴線探査: ジョブズのタートルは「セントクロイ」か?「イッセイミヤケ」か?「VENROSEN」か?・・・わからんのぉ。 | 黒のタートルネック ジョブズ氏が愛用、販売増 - 日経

日経11.10.10朝
5日亡くなった米アップルのスティーブ・ジョブズ氏が愛用していた米国製の黒いタートルネックが飛ぶように売れている。製造元の米ニットクラフト社(ミネソタ州)は追悼のため、売上高の一部を米国対がん協会に寄付することを決めた。販売が急増しているのは、同社のブランド「セントクロイ」の黒いタートルネック(1枚175ドル)。(ニューヨーク=小川義也)

はたして、小川義也氏はきちんと取材をされたのだろうか?裏を取ったのだろうか?

ジャーナリストでなくとも検索すれば様々な憶測があり、裏を取らなければ危ない情報だということは簡単にわかる状況だった。それなのに、もし裏を取っていなかったとしたら、この記事はTwitterでいうところのRT(ReTweet)と同じだ。それなら、今やNYにいる人なら誰でもできる。


日経には毎月4500円近い金を払っている。決して安くはないが、貴重な情報にこれくらいの金を出すことは当然だと思っている。しかし、RT記事に金を払うつもりはないので、是非よろしくお願いしたいと切に願う次第だ。