2011年10月23日日曜日

新原理・光フィールドカメラ「LYTRO」が来年初頭に発売開始らしい!

数ヶ月前に、TCの記事で新原理のカメラが年内に発売されるかも?ということを知った。

琴線探査: 新原理のカメラすごい。「light plane」でなく「light field」をキャプチャーする。 | 焦点は撮ったあとに(好きな位置に)合わせる–写真の概念をラジカルに変えるLytroのCEOにインタビュー - Tech Crunch Japan

Lytroのサイトを見たら、年内ではないけれど来年初頭にマジで発売するようだ。これだ。

Lytroのサイトより

想像よりもはるかに小さい。カメラっぽいインターフェースもほとんど見当たらない。言うなれば「レンズがついたピンホールカメラ」という感じ。

気になるお値段は、1ドル〜1万ドル?なんて話があったけれど、339ドルから499ドルらしい。想像よりもはるかに安い!これなら絶対買う!

Lytroのサイトより

そこで、すでに予約できるようなのでポチッとなしてみると、残念なお知らせが。

Lytroのサイトより

「現在のところUS国内にしか出荷しません」とのこと。うー。いつかは日本でも買えるようになるかなぁ。

あと、今のところ画像をインポートしたり編集するにはMacが必要らしいね。

さらにひとつ、この「写真」「画像」を「見る」ためには、やっぱりFlash Playerが必要なのか?という心配が。「PICTURE GALLERY」を見ると、やっぱりFlashで再生しているんだもの。


画像の適当なところをクリックしてフォーカス変更

となると、Flashに対応していないiOSデバイスでの再生はどうするのか?ということが問題になってくる。

そこでiPadで再生してみたら、一応再生しようとはしている、けどSafariが落ちた(^^); 何回かロードしたら再生できた。ちゃんとフォーカス変えられるねぇ。HTML5的な何かで実現してるのかな?謎。


確かにこのカメラは面白いんだけど、フォーカスを後から変えられるという機能を現実的にはどのように役立てることができるだろう?

うーむ、例えばGoogleのストリートビュー用のカメラに採用されるかもしれないね。

是非一度「撮影」してみたいものだ。