2011年9月1日木曜日

企業自身が「ホームページ」というものを持つ時代は終わったのかも? | 企業と顧客結ぶ 新型SNS開始 ミクシィ - 日経

日経11.09.01朝

・・・企業が顧客と交流できる無料の新サービス「mixiページ」を開始する・・・販売促進などに活用できる・・・ブログのように手軽に開設できるのが特徴・・・デザインの変更やスマートフォン・・・携帯電話向けページの作成も手軽に行えるようにした・・・

Facebookの 「Pages」のmixi版と思えばよいのだろう。

もちろん、この機能で先行しているのはFacebookだけど、日本でのユーザーシェアを考えると後発でもまだmixiに分があると思う。あくまで日本では。

こうなってくると、企業自身が「ホームページ」というものを持つ時代は終わったのかも?と感じる。

今後、企業のホームーページはさらなるソーシャル化を余儀なくされるだろう。ならば、はじめからSNS上にページを持てたほうが便利じゃね?と考えるのは当然だ。

障害になるとすれば、独自ドメインにこだわるかどうか、だろうか。しかし、例えば佐賀の武雄市はここは割り切ったね。

琴線探査: 厚木市のHPも自前主義脱却が必要かもよ | FBに行政情報を預ける武雄市 - Matimulog

大抵の問題はそうだと思うんだけど、要するに、割り切っちゃえば楽になる。どこを割り切るかの見極めが重要だ。

ただ、そのうちFacebookでもmixiでも特定のページを独自ドメインにマッピングする機能が出るかもしれない。

そうなったら、他にどんな障害が考えられるだろうか・・・

この記事も「mixiページ」を考えるのにいい。

mixiページでリスクを取ってでも、mixiが手にすべき3つの重要なパートナー - tokuriki.com - BLOGOS(ブロゴス)