2010年7月7日水曜日

ドコモはすでにiモードを見切っているかもしれない | スマートフォン年度内に7機種投入 ドコモ 電子書籍型も検討 - 日経

日経10.07.07朝
・・・個人が開発するスマートフォン向けのソフトを、既存の携帯電話に転用できるサービスを11月にも始める・・・iPad・・・のような電子書籍型端末などを投入・・・企業などに限られていた「iモード」を使ったソフトへの参入規制を緩和する。個人の開発者が制作したスマートフォン用ソフトを、「iモード」を搭載した従来型の携帯電話向けにも配信できるようにする。

この記事のポイントはスマートフォンをいくつ投入するかではなく、iモードがオープン化戦略を取らざるを得なくなったという事だと思う。

ドコモはSIMロック解除を急いでいる。
琴線探査: iPhoneはSIMロック解除しないと明言しているらしい | ドコモ、SIMロック全機種解除へ ソフトバンクに解放迫る - 日経

しかしその結果、ユーザーのスマートフォン所有率を上げることになるだろう。となると、iモードは次第に邪魔になってくる。

ドコモはすでにiモードを見捨てて、スマートフォンに活路を見出しているのかも知れない。それは今後を考えれば正しい選択だと思う。どうせ捨てるなら、スパッと、そして早いほうがいい。

スマートフォン用ソフトをiモードで動かせるようにしようとしているのは、その過渡期戦略なのではないだろうか。しかし、どうやって動かすつもりなのだろう。エミュレーターだろうか?どれくらい正常に動くのだろう・・・