2010年6月22日火曜日

「libretto W100」はソフトキーボードに触感フィードバック搭載か?

ミニノート libretto W100 トップページ

Nintendo DSを大きくしたようなボディー。タッチパネル。加速度センサー。Windows 7。WiMAX。など興味深い機体だ。

しかし、最も興味をそそられるのは、ソフトウェアキーボードの「触感フィードバック」についてだ。

本家にはソフトウェアキーボードの振動については書いていないようだけど、Yahoo!ニュースの記事ではその機能があるらしいことが書いてある。
2画面「libretto」やAndroid端末など――東芝ノート25周年モデルを発表(+D PC USER) - Yahoo!ニュース

・・・文字入力は下段の画面に表示するソフトウェアキーボードを使い、利用シーン(机上で入力/両手でホールド)にあわせてさまざまなタイプのキーボードを呼び出せる。また、文字を入力すると入力面が振動する感覚フィードバックを備え、実際に打鍵感があるのも目を引く。・・・

目を引きますなぁ。どういった原理なのか。ひょっとして、例のソニーコンピュータサイエンス研究所の「Touch Engine」か?
琴線探査: 「Android Tactile Slate」が開発されればiOSは打ちのめされるかもしれない | 携帯端末iPadに対抗 - 日経

しかし、ソニーもノートPCを作っているライバルだし、そう簡単に先を越させるとは思えないのだけど。でも同様の原理の技術を使っている可能性はあるだろう。

知る限り、量産される機体では触感フィードバックが搭載される機体は初めてではないだろうか。是非触ってみたい。

予想されるお値段は12万くらいらしい。iPadと同じ感覚で買うとちと高いな。ノートPCを買う気で買わないと。
価格.com - 東芝 libretto W100/11M PALW100MNG 価格比較

あとバッテリーが問題だ。通常2時間、長くても4時間程度らしい。iPadのバッテリーの持ちに慣れてしまうと、これは短すぎるなぁ。