2010年6月1日火曜日

iPadとPDFリーダーアプリがあればプリントアウト必要なし。これが「ペーパーレス」だったのか・・・

ソフトウェア開発者は常に様々なドキュメントと格闘する必要がある。特にiPhoneの開発をやっていると、ドキュメントは大体PDFだ。

MacのOS標準PDFビューアーである「プレビュー」は非常に軽くて使い易いのだけど、いかんせんプログラミングしながらだとか、サイトを見ながらだと、いちいちウインドウを切り替える必要があってイライラする。

そこでこれまでは、何百ページになろうがなんだろうが、とにかくPDFをプリントアウトしてKINGJIMのバインダーにファイルすることを当然のように行なっていた。


ついに「ペーパーレス」を実感す

しかし、iPadとiPad専用PDFビューアーアプリ「CloudReaders」があればどうだろう。これはもう紙なくてもイケる!!紙を大量に消費しなくて済む。高いプリンターのインクやトナーを大量に消費しなくて済む。コードを書きながら片目で読める!これは相当な生産性の向上ですよ。

そうか・・・これが「ペーパーレス」ということだったのか・・・iPadを手に入れて、初めてペーパーレスがいかなるものかを体感した。ペーパーレスの実現はデスクトップPCではダメだったんだ。iPadのようなタブレットPCが必要だったんだ。


iPad専用無料PDFリーダーたち - PDFの全文検索機能があったら最高だね

「CloudReaders」と同様のアプリで、昨日の記事にも書いた「Bookman」というアプリもある。「Bookman」はページサムネイルのタイルリストが出たり、読み込みが高速だったりと、これもすばらしいアプリだ。
琴線探査: iPadの電子書籍を片っ端から試してみた。やはり、電子書籍はまだまだこれからだ。



一方、「CloudReaders」はページサムネイルは出ないけど、ページ送りの右方向、左方向をワンタッチで切り替えられることと、ネット上から有志によるPDFをダウンロードできるところがすばらしい。また、ディスプレイの輝度を変えられることも、作者の人に対するやさしさがうかがえる。



両方共に欲しい機能としては、PDFの全文検索だろうか。どちらもZIP形式で固められたJPGファイルの集まりであるらしいCBZにも対応しているので、作者の方々はPDFの全文検索機能を考えておられなかったのかもしれない。PDF専用で、全文検索できるアプリ、あるかなぁ?


もしかして、電子書籍はPDFでいいんじゃ?

今回のことで、また一つ考えてしまった。iPadアプリシーンでは、すでに電子書籍のアプリや電子書籍のプラットフォームがたくさん出始めているけれども、ひょっとして、これらは多くの場合あまり必要なく、実はPDFでいいんじゃないか?と。

PDFなら誰でも気軽に作れるし、PageMakerやInDesignあたりを使えば、ルビや縦組だってできる。文章だって検索できる。さらに、本はタイポグラフィーが命と思う。フォントが大事なのだ。PDFならそのフォントだって埋め込めるはずだ。Adobe殿、これはチャンスですなぁ。こりゃデスクトップパブリッシング、再び・・・ですよ。


電子書籍アプリは「透明な存在」でいいのかも

上のようなシンプルな操作のPDFビューアーを見ると、電子書籍から何らかの情報を得るのにゴテゴテしたインターフェースやハデなエフェクトも必要ないんだ、と気付いた。

速い。
見やすい。
疲れない。
簡単操作。

これらの条件が整えば、基本OKなのだと。

電子書籍のアプリは「CloudReaders」や「Bookman」のように、できるだけ透明な存在であるべきなのかもしれない。