2015年7月11日土曜日

ionicでcrosswalkのビルド後のapkがarmv7とx86に分かれた件

最新版のionicでは、crosswalkのビルド後のapkがarmv7とx86に分かれるようになった。

これによって、armv7とx86両対応のために40MB以上になっていたアプリサイズが20MB程度まで軽量化された。

喜ばしい事ではあるけれど、リリース時にとても混乱してしまった。

リリーススクリプトを書いているのだけど、これまでは一つのapkにサインすればよかったものが二つのapkにサインする必要がでてきて、スクリプトがまともに動かなくなってしまったからだ。

しかし、このことに気づいた後は特に問題は無かった。

Google Playでは、すでに一つのリリースで複数のapkをアップロードできるようになっているので全く心配は無い。