2014年6月7日土曜日

厚木でさえもどれだけご近所との付き合いが無いかを示す白骨遺体事件

日経14.05.31夕 不明男児か 白骨遺体 厚木のアパート

30日午後3時15分ごろ、神奈川県厚木市下荻野のアパート一室で、子供とみられる白骨遺体があるのを県警厚木署員が発見…

父親のトラック運転手…(36)=厚木市愛甲3を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕した…

2006年10月ごろから…食事や水分を十分に与えず、息子を衰弱させ、遺体が見つかった部屋で死亡させた疑い…

一時期NHKなんかでも「厚木〜厚木〜」と言われて正直いい気はしなかった(^^);

2006年頃に死亡させて今まで見つかっていなかったということは、約8年ほどもこの恐ろしい状況が放置されていたということになる。

アパートだから他の住人も居たはずだし、アパートには大家さんもいるはずで、なぜ約8年もの長期間見つからなかったのかと疑問に思っていたが、その後の報道で家賃だけは払っていたそうだ。だとしても、本当に見つからないものなのだろうか…

厚木のような大都会でない市でも、どれだけご近所との付き合いが無いか、どれだけ他人に関心が無いかを示すショッキングな事件だ(´-`)