2014年5月25日日曜日

「訪日客に無料で無線LAN」日本人も使えるようにしてもらわないと(´-`)

日経14.05.23夕 訪日客に無線LAN 全国共通の無料ID

政府はNTTグループなどと共同で、日本を訪れる外国人が駅や観光地などの無線LAN…サービスを簡単に使えるようにする…

2016年度をめどにサービスを始める…

無線LANの使いにくさは訪日客の最大の不満の一つ。観光立国や2020年東京五輪に向け、官民一体で改善を急ぐ…

総務省と観光庁、NTT系のNTTブロードバンドプラットフォーム、KDDI系のワイヤ・アンド・ワイヤレスなどが今夏に協議会をつくる…

パスポートの提示を条件にIDを渡し…

日本人も使えるサービスに広げるかは協議会で詰める…

オリンピック・パラリンピックもあるし、大変結構なことだと思う。

しかし、インフラは作っただけでは動かない。維持費が必要だ。その開発費と維持費は誰が出すのか?やっぱり税金?

それなら日本人でも使えるようなサービスにしてもらわないと困る。だいたい、外国人だけってもったいないでしょう?

しかしそうなると、無線LAN回線を提供する事業をしている企業はどうなるのか。「民業圧迫だー」とか批判が出そう。

あと、NTT系とKDDI系の名前は出てるけど、ソフトバンク系の名前が出てないのが気になるね。「など」の中に入ってるのかな?

そうじゃないとまた孫さんがゴネるよ。きっと。