2013年8月4日日曜日

茅ヶ崎の海水浴場近くで猛毒「ヒョウモンダコ」が発見されたそうだ。気をつけたいね。

日経13.08.03夕 猛毒ダコ現る 温暖化?で関東沿岸に

猛毒があり、かまれると死亡する恐れがある「ヒョウモンダコ」が神奈川県沿岸で4〜6月に相次ぎ捕獲され…
九州以南の温かい海に多く生息しているが、温暖化の影響で生息域が広がっているとみられる…
神奈川県茅ヶ崎市の漁港で…
新江ノ島水族館…で鑑定した結果、ヒョウモンダコと確認された…
唾液にフグと同じ毒「テトロドトキシン」が含まれ、かまれると吐き気を催した呼吸困難に陥ったりする恐れ…
茅ヶ崎市の発見場所は海水浴場から数百メートル…
湯河原町の海で素潜り漁をしていた両市がヒョウモンダコを発見…

茅ヶ崎や湯河原の海で猛毒を持つヒョウモンダコが発見されたらしい。

今はまさに海水浴シーズン。

茅ヶ崎では海水浴場から数百メートルの場所で見つかったそうなので、注意が必要だ。

ただ、ヒトが攻撃しなければヒョウモンダコから攻撃してくることはまず無いそうなので、単に面白がっておちょくらないようにすればいいのだろう。

気をつけたいね。