2013年8月28日水曜日

潘基文国連事務総長の発言は「もし韓国系アメリカ大統領が出現したらどうなるか?」を考えさせられた

日経13.08.26夕 「日本の指導者は歴史に省察必要」国連事務総長

【ソウル=小倉健太郎】国連の潘基文(バン・キムン)事務総長は26日午前、韓国外務省で記者会見し、日本に関して「歴史をどう認識すれば未来志向的な親善国家関係を維持できるのか、政治指導者は深い省察が必要だ」と述べた。…

まずこの記事から分かることは、韓国では国連事務総長の立場でありながら、このような発言が許される雰囲気があるのだろうなぁということ。記者会見したのが韓国国内だから、何かそういうことを言わないといけない感じだったのでは?と。

もう一つは、やはり国連などクソだということ。日本では「国際連合」と呼ばれてクリーンで公平なイメージがあるけど、それは間違いだ。国連は所詮、戦争に勝った側の寄り合いだ。本当は「United Nations(連合国)」だし、いまだに日本に対して敵国条項があるような組織なんだから。

敵国条項 - Wikipedia

もう一つは、もし韓国系アメリカ大統領が出現したら大変なことになるなということ。先日、青山繁晴氏が指摘されていたことなんだけど、実際に中国・韓国はその線を実現しようと戦略的に動いているそうだ。あり得ないことではない。もしそんなことになったら、どうする?