2013年3月24日日曜日

福島原発の「ネズミで停電」の根本原因は東電の怠慢か?

ネズミ一匹という想定外(志村建世) - BLOGOS(ブロゴス)


東京電力は、おそらく今回の事故を教訓として、施設の安全性を高めるよう改善すると言うだろうし、実行もするだろう。…
つまりは核エネルギーと縁を切らない限り、人間は安心して地球上に住んでいることができない。その基本中の基本を教えてくれたとしたら、ネズミの死は無駄ではなかった

今回、福島原発で燃料プールを冷却する電源が停まった原因はネズミということらしい。まぁ、それはそうかもしれない。

しかしそうだったとして、根本の原因は何だったのか?なぜ2年近く経った今まで配電盤が野ざらしの仮設だったのか?

しかも配電の図を見ると、どう考えてもこの仮設配電盤は重要な位置にあった。稼働率の計算を考えれば全くあり得ない配置だ。いくらなんでも、現場の技術者の方々がこれを安全だと考えていたとは思えない。

青山繁晴氏はその根本原因を、福島原発内の高線量の瓦礫の処理が進んでいないことによるとおっしゃっている。

そうかもしれないし、単に東電の怠慢かもしれない。

でも、命がかかっている東電の現場の方々のことを考えると、やっぱり高線量の瓦礫の処理が行われていないことによる可能性が高いんじゃないかと思う。

「想定外」というより、むしろ「想定内」だったのではないだろうか?つまり、致し方なくなるべくしてなったというところが本当じゃないかと。

こういう事故があるとすぐ原発の存在自体が原因だという人がいるけれど、本当の根本原因は優柔不断な政治にあるんじゃないだろうか。

民主党政権はともかく、安倍政権にはそこのところを期待したい。