2013年2月12日火曜日

「民主党政権時代にもFCレーダー照射はあった」という日経の重要記事

日経13.02.07朝 レーダー照射 官邸葛藤 中国、以前にも照射 民主政権公表せず

…民主党政権時代にも尖閣諸島国有化後に中国艦船からレーダー照射された事実も明らかになった。当時の野田佳彦首相や岡田克也副総理らは「日中関係を悪化させたくないとの判断で公表を避けた」と関係者は語る…

これは問題かつ重要記事。「民主党政権時代にもFCレーダー照射はあった」という話。

この記事以前にも、青山繁晴氏がそういった話をされていた。話はもっとひどくて、尖閣国有化前から・・・という事だったけど。

日経は情報のソースが「関係者」と言っているけど、ちゃんと裏取りしてるのかな・・・まさか、青山氏がそう言っていたからーということじゃないとは思うけど。

もしこれが事実だとすると、中国、というより中国軍は、「どうせ今回も表沙汰にはならないだろう」と完全にナメきっていたのだろう。

見誤ったね。残念でした。日本の政権は親中の民主党から親中とは言えない自民党に変わったんだよ。中国軍にはそれが分からなかったのか?

アメリカも警告してたのに、中国軍はそれを無視した。中国軍は自分でやってることが分かってるのか疑問だ。だからこそヤバいとも言えるけれど。

また、今更言ってもなんだけど、もしこれが事実だったとすると、やっぱり民主党というのは・・・と本当に思うよ。