2012年12月16日日曜日

「一人一票実現国民会議」は「全ての最高裁裁判官を不信任せよ!」と訴えているようだ

昨日、「一人一票実現国民会議」の意見広告について書いた。

琴線探査: 「一人一票実現国民会議」の意見広告は物々しいが、チェックしとくべき。厚木市の一票もヒドイぞ。

その主張は、一人一票を実現するには今日の最高裁判所裁判官国民審査で問題のある裁判官を不信任せよ!というものなんだけど、その時に役立つ「切り抜き」があって、こうなっている。

一人一票実現国民会議のサイトより

「切り抜き」に挙がっている裁判官は10名。で、審査広報(PDF)に挙がっている裁判官も10名。

ということは、全員不信任にしろ!ってこと?なら、切り抜きなんて必要ないじゃん。全部バツつければいいんだから。

しかし、審査広報をよく見ると、例えば山浦善樹判事についてこうある。

平成二十二年の参議院選挙が憲法違反かどうかが問題となったいわゆる一票の格差裁判で、違憲状態であるという判断をした(多数意見)

これは切り抜きにあるように「1人1票に反対」なのか?なんで?

その理由を一人一票実現国民会議のサイトに求めたが、どうも見当たらない。

これだけを見ても、一人一票実現国民会議の主張を鵜呑みにはできないなと思う。

かといって審査広報を見ても、各判事が一人一票に賛成なのか反対なのか判断できない。言い回しが難しいし微妙でハッキリしないんだもの。

国民審査は、もっと国民が審査しやすくしないとダメだと思う。少なくともこれじゃ自分は判断しきらん。