2012年12月9日日曜日

日向薬師で仏像の鑑賞の仕方を学ぶ

先週に大山に行ったばかりだったのだけど、すごく天気が良かったし筋肉痛も治っていたので、前から行きたかった厚木のパワースポット「亀石」に行こうとハイキングに出かけた。

大体このコースで行った。

厚木市:日向薬師ハイキングコース

まずは広沢寺温泉から入って、大釜弁財天へ。ここも相当なパワースポットだと感じた。



滝が流れていて、清浄な空気が漂っていた。奥へ入るとこんなふう。



何だかとぐろを巻いたようなオブジェがあった。あれがご神体か?ちゃんと榊が供えられていた。何だかここにいるだけで清められた感じがした。

そこから少し行くと鉄柵がある。その先はある意味人間の世界ではない。最近でもクマが出没したということで、おっかなびっくり入っていった。


途中にiPhone5で撮影。iPhone5のレンズは光の筋が出やすいなと気づく。


途中にあった小さな祠には、おもいっきり「山神」と書いてあった。大山でもそうだったけど、山には沢山の神様がいる。

さらにズンズン登って行ってまず制覇したのは見城山。

iPhone5のパノラマ撮影

地元の人ならわかるだろうか。中央にアクストが見える。


ここは見城(みじょう)山と言うらしい。足利や上杉のゆかりの土地らしい。確かに見晴らしがいいので、見張りや通信所としてはうってつけだっただろう。

山頂そのものはこんな感じ。


続いて日向山も制覇。また祠があるんだよね。


ここから降りていく途中に、根っこがアートないい木があった。


日向山をズンズン降りていくと日向薬師に近づく。


日向薬師の本堂は改装中のようで、仏像たちは倉庫のようなところに大集合していた。

日向薬師で長居するつもりはなかったのだけど、参拝料を払って中に入ると、おじさんが色々と教えてくれた。


仏像はしゃがんで見上げて見るもの

仏像の目は下から見上げた時に最適化されてデザインされている。普通の立ち位置では、その目が宝石でできていることに気づかない。


仏像のポーズや服、靴に注目する

仏像のポーズや服、靴などに注目すると、ヒンズー教や、モンゴル、中国など様々な文化の影響を見て取ることができる。


仏像の薬指が立っていることに注目する

薬指は、心臓、命に関わる指。だから結婚指輪は薬指に付ける。


仏像の欠損箇所に注目する

仏像は欠損していることが多い。しかし、それは単に経年劣化によるとは限らない。例えば、頭部の中心にあるべき宝石が盗まれていたり、薬指が盗まれていたりする。


おじさん、色々教えてくれてありがとう!しいたけ茶も美味しかったです!


日向薬師を過ぎれば目的の亀石が近いはずだった。

しかし、それらしい案内板が見当たらない。途中、それらしい場所を見つけたものの、あまりにもうっそうとしていたので躊躇した。

結局、亀石に遭遇できずに人里まで降りてしまった。どうやら、あのうっそうとした場所が亀石だったのかも・・・

今度は猪鍋か川魚を食べにきつつ、もう一度探ってみるつもりだ(^^);