2012年11月9日金曜日

日本では海保志願者急増。かたや中国では志願者ゼロ。

日経12.10.29夕 東シナ海の海洋監視船員 中国で志望者ゼロ
中国で…東シナ海での巡視活動に携わる国家海洋局東海分局の海洋監視船員への志望者がゼロだった…尖閣諸島を巡る問題で日中対立が激しくなっているため、危険と判断する人が多かったとみられる。インターネット上では「中国人の愛国心はこの程度だ」…これに対して日本では海上保安庁職員を目指す若者が急増。今年秋の海上保安学校の入学試験は申込者数が前年の約2.5倍の7708人に増えた。(北京=島田学)

中国国民は単純に己の利益を考えたのではないだろうか。

確かに「中国人の愛国心はこの程度だ」とも言えるかもしれないけど、「愛国心や国益より己の利益」という事なんじゃないだろうか。日本国民だって多くは同じだと思う。

しかし海保職員志願者の急増を見れば、日本人には己の利益より国益を、私の心より公の心を優先する人が比較的多いというのは事実なんだろうと思う。

自分はそういう人たちを尊敬する。