2012年10月7日日曜日

ジョブズ一周忌のクックCEO追悼文を訳してみた

日経12.10.05 ジョブズ氏の精神「永遠に礎」
米アップルの共同創業者ステーブ・ジョブズ前会長が死去して1年となる5日…アップルは自社サイトのトップページに、新製品発表時などのジョブズ氏の肉声と写真を組み合わせた1分45秒のビデオを掲載。「ステーブの精神は永遠にアップルの礎となる」とするティム・クック最高経営責任者(CEO)のコメントを載せた。…パロアルト市内のジョブズ氏の自宅前はひっそりしていた。昨年の死去時には大勢の人々が集まり…(シリコンバレー=岡田信行)

確かにAppleのトップページはジョブズの追悼ビデオになっている。

アップル

ビデオが流れたあとにクック船長のコメントが表示される。自分なりに訳してみよう。

Apple CEO ティム・クックからのメッセージ
A message from Tim Cook, Apple’s CEO.

我々全員にとって、スティーブが亡くなった一年前の今日は辛く悲しい時でした。
Steve’s passing one year ago today was a sad and difficult time for all of us.

私は今日、皆さんが、彼の尋常ではない人生と、彼が作った世界をより良い場所にするための道の数々をふりかえって欲しいと願っています。
I hope that today everyone will reflect on his extraordinary life and the many ways he made the world a better place.

スティーブがこの世に遺した偉大な贈り物の一つは、Appleです。
One of the greatest gifts Steve gave to the world is Apple.

Appleほどクリエイティブで高い志しを自社自身にインスパイアする会社はありません。
No company has ever inspired such creativity or set such high standards for itself.

我々の価値の源はスティーブであり、彼のスピリットは永遠にAppleの礎となるでしょう。
Our values originated from Steve and his spirit will forever be the foundation of Apple.

我々は、そのAppleの偉大な社風と彼の遺産を未来に繋いでいく責任を感じています。
We share the great privilege and responsibility of carrying his legacy into the future.

私は、お客様が愛し、道を明るく照らすような新しいものを夢見る、そんな製品をお届けする我々の仕事にとても誇りを持っております。
I’m incredibly proud of the work we are doing, delivering products that our customers love and dreaming up new ones that will delight them down the road.

その誇りこそが、ステーブの思い出と彼が体現した全ての物事に対する最高の追悼となることでしょう。
It’s a wonderful tribute to Steve’s memory and everything he stood for.

- ティム
- Tim

と、こんなこんな感じだろうか。

クック船長は、今でも本当にジョブズをリスペクトしてるんだね。

ジョブズの自宅周辺はひっそりとしていたそうだけど、その方がいいよ。「もう安らかに眠らせてあげよう」って、みんなそう思ってるんじゃないかな。

ジョブズ、ありがとう!