2012年9月2日日曜日

尖閣の寄付は「国庫への組み入れ」「自然環境保護施設」なんかのためにしたんじゃないんだけどな・・・

日経12.09.02朝 尖閣、国が直接購入へ 20億円、月内で調整 施設整備は見送り
政府は尖閣諸島・・・の3島を9月中旬に地権者から直接購入するため、最終調整に入った・・・東京都が、国有化容認の条件に挙げている漁船の退避施設の整備は見送る方針のため、石原慎太郎知事らが反発する可能性・・・尖閣諸島は5つの島と3つの岩礁からなる。5島のうち大正島は国有で、久場島は防衛相が借り上げている・・・政府は悪天候時に外国船が施設を利用しようとすれば拒めないため、逆に外国人の上陸が増えかねないという理由で認めない方針だ。施設整備を進めることで、中国や台湾を刺激するのを避けたいという事情もある・・・寄付金の扱い・・・国庫への組み入れや、基金を創設して将来、自然環境保護を名目とした施設の整備に充てる案などが浮上・・・

中国や台湾を刺激しないため、東京都が買うのを阻止したいのだろう。要するに政府はとっとと国有化してコントロール下に置き、石原都知事を黙らせたいのだろう。

漁船の退避施設の整備は見送る方針だそうだけど、その理由が「悪天候時に外国船が施設を利用しようとすれば拒めないため、逆に外国人の上陸が増えかねないという理由」?

屁理屈だね。

それなら石垣島だって同じだろう。もし石垣島には人がいるからケースが違うというのなら、人を置けばいい。

むしろ悪天候時に外国船を受け入れて助けてあげるということは、日本の実効支配下にあるという明確な証拠じゃない。どんどん助けてあげればいい。

ところで、気になるのは東京都に集まった寄付のこと。自分も寄付したし、大いに関心ある。

その寄付金の使い道として浮上している案が「国庫への組み入れ」「自然環境保護施設」だって・・・そんなことのために寄付したんじゃないんだけどな。

自分は石原都知事を信頼して、単に土地の権利を取得するということだけでなく、実効支配を強めてくれるだろうと思って寄付したわけで。

もし政府が寄付金を使うなら、政府が石原都知事の条件を全て受け入れてからにしてほしいね。

まぁそもそも、地権者も国というより民主党政権に相当不信感をお持ちだそうなので、本当に国に売るかどうかあやしいけれど。