2012年8月25日土曜日

姑息としか言いようがない浅尾慶一郎議員の「韓流スター入国拒否」提案

痛いニュース(ノ∀`) : 韓流スター“日本入国禁止案”が急浮上!…日韓関係崩壊の足音 - ライブドアブログ

・・・「韓流スターの入国拒否(ビザ却下)」・・・みんなの党の浅尾慶一郎議員から注目すべき提案・・・「これからは政府の判断だが…」と前置きしたうえで、「今回、有名な韓国の映画俳優(=ソン・イルグク)が泳いで竹島に行っている。そういう人が営業目的で日本に来ようとしたときに、なぜかビザが下りないようにする。発表する必要はない。そのことが、ある種のメッセージになるのではないか」・・・

姑息としか言いようがない。

たとえその俳優が日本国内で竹島関連のデモを起こしたとしても、罪を犯さない限り許容されるべき。

日本は言論の自由が保証されている国だ。黙らせるためにビザを却下するような姑息な手段は、日本の国柄に馴染まない。

そもそも、そんなことをしたところで何も問題の解決にならない。こんなのは単なるいじめ、いやがらせの類だ。むしろ韓国に燃料を投下して問題を悪化させ、言論の自由が保証されている世界中の国々からも笑われるだろう。

浅尾慶一郎議員は恥を知るべきだ。

日本は韓国に対して毅然とした対応を取らなければならないが、あくまでフェアに、正攻法で対応すべき。

なぜならこうした対応が、国際司法裁判所という正義を問う場へ訴える日本を有利にするから。