2012年5月20日日曜日

「コマーシャルも文化的資産」という視点がすばらしい

日経12.05.15夕 国会図書館番組も保存 TVやラジオ
・・・早ければ来年4月から・・・一般の人でも国会図書館に足を運べば希望する番組を視聴できる・・・国会図書館内に記録用のサーバーを設置・・・テレビは東京で受信できる7局の地上波と衛星放送、ラジオは首都圏のAM、FM曲を対象に全番組を録画・録音・・・視聴は許可制・・・ダビングは認めない・・・「長い期間で見れば番組途中に流れるコマーシャルも文化的資産になる」として、国の責任で後世に継承するのが望ましいと判断・・・米国、英国、フランスでも実施・・・

「国の責任で後世に継承するのが望ましいと判断」。すばらしい。

なるほどなと思ったのは「コマーシャルも文化的資産」になりうるという視点。その通りだと思う。

CMはその時代の空気感を相当反映しているので、後世の人たちが現代を研究する際にはきっといいデータとなるに違いない。

国政はこういうことをバンバンやっていただきたいね。