2011年12月7日水曜日

チェロのみ「スムーズ・クリミナル」で昔のゲームミュージックを思い出した

日経11.12.06夕 クラシックの星 ロック揺さぶる
・・・東京国際フォーラム地上広場・・・2人のチェロ奏者・・・聞こえてきたのはマイケル・ジャクソンのヒット曲「スムーズ・クリミナル」・・・クロアチア出身・・・2CELLOS(トゥー・チェロズ)・・・チェロの国際コンクールで優勝・・・今年1月・・・「ユーチューブ」・・・3週間で、のべ300万の閲覧・・・9月には日本でもCDデビュー・・・ロックバンドの曲をカバー・・・ルカは「僕らは2人でもフルバンド。ドラム、ベース、ギターの役割を1人でやっている。楽しんで演奏しているよ」・・・(文化部 多田明)





確かにスゴイね。演奏している姿はチェロ奏者じゃなく、ロックギタリストそのものだ。

これをいろんな楽器を加えてしまって演奏したらつまらない。

チェロだけで、つまり工夫でもって不可能な演奏を可能にしているところが素晴らしいのだと思う。

最大同時発音数3音という非常に厳しい音楽的制約の中で作られた、昔のゲームミュージックを思い出した。