2011年12月19日月曜日

もう、韓国ってば無茶苦茶なんだもん(^_^メ)

日経11.12.19朝 李大統領 国内事情を優先 任期残り1年、求心力低下
「慰安婦問題の解決なしに高いレベルの協力は難しい」「誠意ある措置がなければ第2、第3、の銅像が建つ」・・・「法的に解決済み」と強調する首相に、「法より前に国民の情緒や感情の問題だ」と反論・・・歴代大統領は政権末期に「日本たたき」で浮揚を図った。李大統領も「慰安婦問題で日本の譲歩は難しい」と承知のうえで、厳しい要求を突きつけた可能性が高い。

「誠意ある措置がなければ第2、第3、の銅像が建つ」?脅しか?もう100体でも100万体でも、韓国経済が徹底的にに冷え込むまで勝手に建てたらいかがでしょう。

「法より前に国民の情緒や感情の問題だ」?ウイーン条約も日韓基本条約も関係ないね!ということか?韓国には条約というのは大した意味を持たないらしい。

大体、感情論で議論したら際限が無いじゃないか。無限おかわりが可能。

もう、韓国ってば無茶苦茶なんだもん(^_^メ)

やっぱり、今回は会うべきじゃなかったと思う。大統領だって、慰安婦問題を主張しても解決できるとは思ってない可能性が高いらしいじゃないか。

しかし、国内でポイントを稼ぐために外交を使えるなんて、ある意味で羨ましいことではある。日本でそんなことあったか?