2011年11月24日木曜日

何と(ToT) ブータン国王ご夫妻は被災地で祈るため、ブータンNo2の高僧をわざわざ伴ってこられたらしい・・・

Appreciate Happiness ブータン・ブログ ブータン国王・王妃の初来日(2)龍の話など The King and the Queen of Bhutan's visit to Japan (2)

・・・
このあと国王夫妻は、天皇皇后両陛下も5月に訪れ黙礼された原釜・尾浜地区を訪れ、立谷秀清市長から被害状況の説明を受けました。この辺りは、震災から8か月が過ぎた今も津波の深い傷跡が残っています。
国王夫妻は約30人のブータン政府関係者と共に犠牲者を追悼しました。祈祷は、被災地で祈りを捧げるために今回の訪問に同行した、ブータン仏教界で2番目に地位の高い高僧ドルジ・ロペンさんによって取り行われました。
・・・

何と・・・

ブータン国王ご夫妻は震災の被災地で祈りを捧げるために、ブータンでNo2の高僧をわざわざ伴ってこられたらしい・・・

何ということだ(ToT)

ブータンは昭和天皇崩御の時の気高い振る舞いを引用するまでもなく、世界でも稀な、真実の誠実さを持つ国だと思う。

リスペクトに対するリスペクト。リスペクトに次ぐリスペクト。つまり、リスペクトの応酬だ!

All You Need is R.E.S.P.E.C.T!

これが外交だぁ〜。これが友好だぁ〜。これが世界平和なんだぁ〜。

世界中から尊敬される国になること。それは、最強の国家防衛方法なのかもしれない。

このような素晴らしい国王女王両陛下をいただくブータンはもちろん、天皇皇后両陛下をいただくこの日本も共に、そんな国になる可能性は十分にあると思う。

日本は軍事大国でも経済大国でもなく、世界中から尊敬される国を目指すべきだ。

日本にはできる。Yes, we can!そう確信した。