2011年11月30日水曜日

「カセットガスストーブ」って何さ?

日経11.11.29夕 省エネ暖房器具増産
・・・節電の冬・・・岩谷産業はカセットガスを燃料とする小型ガスストーブの生産を5割増やす・・・岩谷産業が増産する「カセットガスストーブ」は停電など緊急時でも使える・・・

今年の冬は、皆が気をはっていた夏よりもマズイことになるのじゃないかと心配している。やはりウチでも引き続き節電はしている。

そんなこんなで巷では、電気を使わない暖房器具や省エネ暖房器具が売れているようだ。

その中でも売れているらしい「カセットガスストーブ」。これ何さ?

今年の冬は、“カセットガスで暖房”が新しい。屋内用 『 カセットガスストーブ 』 9月10日新発売 ~ 1本で、約3時間20分 ポカポカ ~

普段カセットガスコンロでお世話になっているIwatani謹製のストーブらしい。当然、例のカセットガスコンロを燃料として使う。これはオイシイ(^^); 震災でIwatani大チャンス!というわけだ。

停電や緊急時にも使えるというコンセプトにはちょっと惹かれた。

しかし、まずカセット1本で3時間半程度しか持たない。カセット3本で1000円くらいだから、3時間半で300円くらいという高コストっぷり(´・ω・`)

そして、木造で3畳、コンクリートで4畳までというパワーのなさ。しかもこの基準は「暖房のめやすは、寒冷地を除く温暖地が基準」ときた。火力はまず期待できそうにないね(´・ω・`)

それでも緊急時にはイイのでは?と思ったけど、Amazonでは一台13457円とのこと(´・ω・`)

ふむ。

追記14.08.03:今はそれほど高くないみたい。