2011年11月21日月曜日

東京都が無料の送電網を整備するらしい。攻めてるね。

日経11.11.21夕 東京都、電力供給に参入
東京都は2014年度をめどに臨海副都心に送電網を整備し、電力供給事業に参入する・・・送電網は電力会社の事実上の独占が続いているが、同様の動きが広がれば風穴をあける可能性も・・・臨海副都心・・・の地下には水道管やガス管などをまとめて収納する「共同溝」があり、この中に送電線を敷くことで投資額を約6億円に抑える・・・都は発電施設を運営する民間事業者を公募する・・・都は整備した送配電網を無料で利用できるようにする方向・・・電気料金を下げることが可能に・・・横浜市や大阪市など、地下に共同溝を整備している自治体があり・・・

おお。東京都、つまり石原都知事、攻めてますなぁ。「都が送電網を整備するから無料で使っていいよ。だから発電よろしく!」とな。

電力会社を直接潰しに行くのではなく、間接的に潰しにいくつもりだろうか。

とにかく、送電網の利用料が無料になれば、発電する事業者も出てくるかもしれない。

横浜や大阪市もキーとなる共同溝を持っているようだ。こういった大きな都市が東京都と同様の動きを見れせれば、何かが変わるかもしれない。