2011年11月9日水曜日

やっぱりソーシャルゲームは儲かるらしいから、専用ゲーム機の衰退はより早く進みそう

日経11.10.08朝 コナミなど4社増益 ゲームソフト6社 SNS向け好調
・・・ゲームソフト6社・・・4社の最終損益が改善・・・SNS)向けのゲームが伸びたため・・・コナミのSNS向けの売上高・・・割合は1割を超えた・・・SNS向けゲームを手掛けているものの、売上高が比較的少ないと見られるセガサミーホールディングスやカプコンは減益・・・

日経記事より
要するに、やっぱりソーシャルゲームは利益率が高いということなのだろう。

日経の表が分り易すぎてチーセーライカー(^^);

コナミの全体に対するソーシャルゲームの売上高はまだ1割程度らしいから、儲かるとわかればもっと引き上げていくだろうし、他社もそれに追随していくだろう。

その先は恐らく、専用ゲーム機向けのゲーム供給の縮小だ。

となれば、3DSやVITAももちろん、あと何だっけ?任天堂の新しく出る据え置きゲーム機やPSの後継機。こういった据え置きゲーム機はもっと厳しい状況になるだろう。

うーん。ということは、ゲームという総合芸術が生まれる土壌は、もはや失われたということなのだろうか・・・