2011年10月13日木曜日

SafariでのFlashでキーボード入力出来なかった問題はSafariが犯人と判明(^^);

Safariが5.1にバージョンアップしてから、Flash Playerでの日本語入力、というよりキーボード入力そのものを受けつけなくなっていた。

FPが最近11になってから解消したのだけど、結局どちらが犯人だったのか疑問に思っていた。

今日MacのソフトウェアアップデートにSafariがあり、リリースノートを見てはっきりした。やはり、犯人はSafariだったようだ(^^);


当然だけど、Safariもバージョンアップした方がいいし、FPもバージョンアップした方がいい。