2011年10月28日金曜日

「今やJavaはむしろ速い」Javaの20年ほどの歴史は伊達ではないということだね | Twitterが、Ruby on RailsからJavaVMへ移行する理由 - Publickey

Twitterが、Ruby on RailsからJavaVMへ移行する理由 - Publickey

・・・TwitterがなぜRuby on RailsベースのシステムをJavaVMベースへ移行しようとしているのか・・・Twitterは、おそらく世界最大のRuby on RailによるWebサイト・・・JavaVMを採用する理由の1つはフレキシビリティ・・・JavaVMへ移行する最大の理由は、リアルコンカレンシーモデル・・・私たちは、ユーザーからリクエストが来たら、数百台のサーバにそれを投げて、そこからくる大量の返事をまとめあげる、という作業を50ミリ秒以内に実現する、ということをしたかった。・・・また大量のメモリやCPUを載せたマシンではJavaVMのほうがネットワークI/Oなどでずっと効率よく動作した。それによりサーバ密度を高めることができるようになり、コスト削減を実現できる。・・・

あぁ、そうだったんだ。TwitterはRubyで書かれていたのか。知らんやった(^^);

TwitterがJavaへ移行する理由をまとめてみよう。

1. フレキシビリティー
2. リアルコンカレンシーモデル
3. 大量のメモリやCPUがあればJVMはパフォーマンスが高い
4. パフォーマンスが高ければサーバー密度を高められるのでコスト削減できる

というところらしい。

ふぅむ。昔はJavaは遅い遅いと言われていたのにねぇ。今や、むしろ速いというわけだ。

Javaの20年ほどの歴史は伊達ではないということだね。色々なことがあったけど、よく生き残ってきた。

Javaは自分に初めてオブジェクト指向を教えてくれた言語だ。だから感謝してるんだ。メインの言語にJavaを選んで良かったと思ってる。

そしてこれからも、ずっと生き残っていってくれ。