2011年10月30日日曜日

外務省にもサイバー攻撃?「またか」というか、「まだ氷山の一角だな」と思う。

日経11.10.26朝 外務省にサイバー攻撃 情報流出は確認されず
外務省の本省や世界各地の在外公館で使用しているメールシステムに、コンピューターウイルスに感染させるファイルを添付した「標的型メール」が送付されていたことが26日、分かった。実際にウイルスに感染したパソコンもある。同省が調べたところ、現時点で情報が流出したケースは見つかっていないという。・・・

先日は国会議員に対してサイバー攻撃があった。

琴線探査: 国会議員は添付メールの使用を諦めるほかないと思うね | 【新聞チェック】「衆院にサイバー攻撃」と朝日新聞がスクープ - BLOGOS編集部

「またか」というか、「まだ氷山の一角だな」と思う。他にも実はもっとあるんだけど、ただ分かってないだけだろう。

国会議員が使うPCやサーバーに攻撃しても大した情報はなさそうだけど、外務省はかなり重要な情報がありそうなので怖い。

やっぱり、国の重要な情報にアクセスする人に対しては添付メールの使用を禁止したり、OSをMacやLinuxにするなど、「注意しよう」レベルではない根本的な対策が必要だと思う。