2011年7月7日木曜日

そして九電には「やらせ」の汚名だけが残った | 玄海原発説明会 九電が「やらせメール」 - 日経

日経11.07.07朝
・・・運転停止中の九州電力玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)2,3号機の再稼動を巡り、経済産業相が6月に県民向けの説明会を開いた際、九電の原子力発電部門の社員が本社や子会社の社員に一般市民を装って再稼動を支持する意見メールを送るよう依頼していたことが6日、明らかになった・・・具体的には「説明会の進行を見ながら、再開容認の立場で意見を発信してほしい」といった内容だった・・・

あぁ。九州人は志を持った人が多いと思うのだけど、やはりこういった人間がいるのは世の常か。

琴線探査: 管首相は九州人の原発再開への志を踏みにじったのかもしれない | 原発 今夏の再稼働困難 - 日経

やらせメールの内容はこれだ。

九電やらせメール、これが社員らへの「指示」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「ご自宅等のPCからのアクセスを御願い致します」というところがまた微笑ましい。バレたらヤバいということは認識していたわけだからね。

しかし、首相がストレステストを言い出したので、ここまでの涙ぐましい努力も残念ながら全て水の泡ですな。

そして九電には「やらせ」の汚名だけが残った。