2011年7月5日火曜日

松本龍復興担当相には想像力と思いやりがない。即刻お辞めいただきたい。ていうか、お辞めになった。 | 復興相の発言 波紋 - 日経

日経11.07.05朝
・・・松本龍復興担当相・・・被災地の心情を無視しているとして、野党は辞任を含めて追求する方針・・・陳謝したが、辞任は否定・・・衆院福岡1区選出で当選7回・・・7月3日、岩手県庁で・・・九州の人間だから東北の何市がどこの県かわからない・・・7月3日、宮城県庁で・・・今の部分はオフレコな。書いた社はこれで終りだから・・・7月4日昼・・・私は全く問題なかったと思う・・・呼ばれて入ったら・・・出てこなかったから怒った・・・7月4日午後・・・結果として被災者を傷つけたのであればお詫び申し上げたい・・・宮城県の村井嘉浩知事・・・「国と地方自治体は主従関係ではない。命令口調ではなくお互いの立場を尊重した方がよかった」と不快感・・・岩手県の達増拓哉知事も「被災者の心情に配慮した発言をして欲しい」とコメント・・・

この記事は今日の日経の2面、社説左で相当大きい記事だった。

松本大臣が決定的ゴールを決めた宮城県知事との会談の様子はこれだ。





いや、もう、ここまでムカつく政治家の言葉を聞いたのは初めてだ。しかも、これが復興担当相だというのだから、もうマジで唾棄したいわ。

要するに、この人には想像力と思いやりがない。復興担当相には他の大臣より一層こういった資質が必要であるにも関わらず。

確かに、礼儀としては約束の時間に遅れないことは大事だ。そんなことは知事だっておわかりのはず。しかし、遅れてしまったということは、それだけ地方は大変だということだろう。なぜそういった想像力が働かないのか?

追記11.07.06

どうやら遅刻ではなく、大臣が時間よりも先に着いたということらしい。

【新聞チェック】村井知事は「遅刻してなかった」、松本復興相の暴言に新事実が発覚 - BLOGOS編集部 - BLOGOS(ブロゴス)

なら、一体どういうつもりだったのか。恐らく、はじめから「オレが上、オマエが下」と言いたかったのだろう。大臣は知事をビビらせるために、言う事を聞かせるために現地に行ったのだと思う。

----

陛下ならあそこで何とおっしゃられたかな?きっと「お忙しいところ申し訳ない。国民のために懸命に働いていただいて感謝しています。」というようなことをおっしゃっただろう。

その想像力のなさを棚にあげて「長幼の序」などという常識を振りかざし、知事を子供のように扱って・・・宮城県民にとっては屈辱でしかないのじゃなかろうか。つまり、思いやりがない。思いやりがないから、岩手では平気で「九州の人間だから東北の何市がどこの県かわからない」と言えてしまう。

陛下の場合は、どこかへ出かける前には現地の下調べをしてから行かれるそうだ。それはきっと「知らない」=「無関心」となり、無関心であるものに対して思いやりなど持てるはずがないとお考えだからだろう。

どんなに有能であったとしても、想像力と思いやりの無い人間が復興担当大臣としての仕事をまっとうできるとは思えない。

松本龍氏は、まったくもって復興担当相に相応しくない。即刻お辞めいただきたい。

ていうか、お辞めになった。

復興相が辞表、首相了承…知事への発言で引責 (読売新聞) - Yahoo!ニュース

「今の部分はオフレコな。書いた社はこれで終りだから」と大臣に恫喝されながらも、その模様を公開したTBC東北放送はジャーナリズムの責任を立派に果たされた。素晴らしい。もしこれが公開されなかったら、辞任ということにはなっていなかっただろう。

また今回は、世論の力というものが相当に政治に影響するのだということを改めて痛感した。