2011年7月15日金曜日

「任天堂の」折り込みチラシ。初めて見たよ。3D表示OFF機能のアピールが逆に気になった。

今日は新聞の折り込みチラシに珍しいものが入っていた。「任天堂の」折り込みチラシだ。初めて見たよ。


夏休みが近いので、きっと子どもたちに3DSを買って遊んでもらいたいのだろう。

ただ、引っかかる部分があった。

「2D表示だけで遊ぶことができます」

「ペアレンタルコントロールで3D表示にならないように制限することもできます」

という部分だ。

つまり、3DSのメリットであるはずの3D表示をOFFにする機能をここまでアピールするからには、任天堂はある意味で3DSのデメリット、もしくは障害と考えているのではないだろうか?

もっと言えば、任天堂自身も3D表示の子どもたちの健康への影響を心配しているということではないだろうか?

だとすると、健康への影響があるものを子どもに与えたいと思う親はいないだろうから、実際に買ってくれる親を何とか説得できなくてはならない。子どもたちにもダダをこねる言い訳を与えてやらなければならない。だから上のような文言の必要が出てくる。

健康への影響がないのであれば、そのままフツーに「健康への影響はありません」とデータを示すなりしてアピールすればいいのに。

もし健康への影響があるのであれば、3D表示機能そのものを付けるべきではなかっただろう。

しかし、それでも付けざるを得ないほど、新規性を出すのに苦労している、ということなのかもしれないけれど。


追記11.07.24:3DSが健康に影響を与えそうな記事を目にした
琴線探査: そう?3Dが体に有害だってのは実感としてあったけどね。 | 知らなかった!: 3Dは目に有害だって - Tech Crunch Japan