2011年6月3日金曜日

なーなーのまま契約書をちゃんと作らないことが多いけれど、政治でも同じなんだね。 | 退陣時期巡り民主対立 - 日経

日経11.06.03朝
・・・菅直人首相・・・事故の収束に一定のメドをつけた時点で退陣する意向・・・最長で来年1月までの続投を示唆・・・鳩山由紀夫前首相が主張する今月中の退陣とは食い違う・・・岡田克也幹事長は2次補正の早期編成などを「退陣の条件にはなっていない」と表明。鳩山氏が「ウソだ」と応酬・・・首相は・・・「確認書で書かれた以外の一切の約束はない」と述べ、岡田氏と同様に鳩山発言を否定・・・共産党は棄権、社民党は退席・・・松木謙公氏と横粂勝仁氏の2人が賛成。元代表とそのグループの議員、田中真紀子元外相ら15人が棄権・・・

また「言った言わない」の応酬。まるで子供のケンカだ。みっともない。

鳩山前首相はある意味で善良だ。管首相はその善良さを利用したのだろう。しかし、鳩山前首相は政治家だ。かわいそうだとは言えない。ツメが甘すぎる。少々面倒でも、ちゃんと書面にしてサインなりハンコなりをもらっておかないと。でも、そこで非情になりきれないところが、ハトちゃんなんだなぁ・・・

日本では、ビジネスの世界でも情に流されてなーなーのまま契約書をちゃんと作らないことが多いけれど、政治の世界でも同じなんだね。

すごく重要なことなのに、こんななーなーの合意で、賛成にまわるつもりだった議員を扇動し、救国連立内閣への道を閉ざした鳩山前首相の罪は重い。

もちろん、管首相はもっとサイアクだけど。

被災地対応が緊急だとしても、本当にいいのか?誇りある日本国の首相がこんな首相で?