2011年6月2日木曜日

共産党は主張ナシで優柔不断。社民党は信念ナシで風見鶏。そんな議員は要らない。 | 共産・社民、一転棄権に - 日経

日経11.06.02朝
共産、社民両党は1日、内閣不信任決議案に棄権する方針をそれぞれ決めた・・・共産党は・・・志位和夫委員長が1日の野党党首会談で、可決した場合の展望を自民党の谷垣禎一総裁にただしたが、明確な回答はなかったという・・・「自公両党は党略的で無責任だ。賛成できない」・・・社民党は・・・又市征治副党首が「この内閣は信任に値するのか」と主張し棄権の方向・・・ただ、民主党内で造反の動きが広がれば再検討する。

共産党はある意味でいつでも分かりやすい。自分もポスト管の心配はしている。

しかし、だからと言って棄権なのか?みんなの党は賛成だそうだけど、色々考えるところはあっただろう。しかし、それでも決断してあえて賛成を選んだ。

棄権は一番卑怯なやり方だ。議員は何かを主張するために存在しているはずだ。それなのに棄権して何も主張しないなら、そんな議員は要らない。

「どちらも支持しないというのが主張だ」という屁理屈はナシね。議員は決断をしなければならない人間でもある。決断の伴わない主張は「口だけ」だからダメ。優柔不断な議員も要らない。

社民党はもっとサイアクだ。今のところ棄権ということだけど、情勢をみて再検討するのだと。情勢や他人は関係ない。自分の信念はあるのか?信念のない議員も要らない。

両党とも、しっかりと信念をもって決断し、態度を明らかにして大いに主張していただきたい。

追記:残念ながら、共産党も社民党も棄権し、態度を明らかにすることはなかった。
欠席や棄権等、田中真紀子・三宅雪子氏ら15人 (読売新聞) - Yahoo!ニュース