2011年5月5日木曜日

今回、日本人として実感したのは、原発を完璧にコントロールしようなど人間のおごりだということだ | ビル・ゲイツ、エネルギーを語る―「福島以後もやはり原子力はキロワット時あたり死傷率で石炭より安全」 - Tech Crunch Japan

ビル・ゲイツ、エネルギーを語る―「福島以後もやはり原子力はキロワット時あたり死傷率で石炭より安全」 - Tech Crunch Japan

日本の福島原子力発電所の災害以後、公衆は当然ながら再び原子力エネルギーに対して懸念を抱くようになった。しかしビル・ゲイツの意見は違う。・・・「キロワット時あたりで比較すれば原子力より石炭による死傷者の方が問題にならないほど多い。しかし石炭の場合、事故一回あたりでみれば〔原子力災害で想定されるよりも〕死傷者が少ない。これは政治家にとっては大きなメリットだ」とゲイツは述べた。・・・ゲイツが投資しているのは原子力ばかりではない。バッテリー、太陽光発電、バイオ燃料など10以上の会社に投資中だ。・・・コストは新しいエネルギー源が直面するもっとも困難な課題・・・


ゲイツ氏は非常に現実的な視点で原発や人類のエネルギーの将来を見ていると思う。彼が原発だけでなく、他の新エネルギーにも投資していることからもそれはわかる。コストがエネルギーを産み出すのに非常に重要な問題だということもわかる。

しかし、キロワット時あたりの死傷者数でリスクやコストを見積もる考え方はいただけない。

太陽光や風力なら、限りなく死傷者数ゼロにもっていけるのでは?単なる事故による死傷者数のリスクしか見積もっていないのでは?

ひとたび原発で事故が起これば、後処理に莫大なコストがかかることがわかった。事故による周辺経済の打撃も計り知れない。それらのコストも見積りに入っているか?

そして、その周辺地域に人や動物が住めなくなるばかりか、その後数十年にわたり健康被害を及ぼす可能性もあるわけで、そのリスク、修復・復旧・治療のためのコストも見積もりに入っているか?

原発事故の重大さは石炭の場合などとは比べ物にならない。石炭の場合なら事は短期で済むが、原発の場合は事が長期で続くのだ。


今回、日本人として実感したのは、原発を完璧にコントロールしようなど人間のおごりだということだ。

そして、これからもこれまでと同じように果てしなく文明を発展させていきたいという人間のエゴ。欲。日本の原発の事故は、ある意味でその天罰と感じられなくもない。いや、まだ警告なのかもしれない。

ならば、歩みは遅いかも知れないけれど、新エネルギーと節電や我慢といった最適化を使って、これからも安定的に文明を発展させる道だってある。

かといって、今すぐは原発を廃止することはできない。人類はまだ準備が整っていない。だから原発の安全性は高めていかなければならない。しかし、いつかは原発がなくても文明が発展していく世界を、今から全世界で目指すべきだ。原発はそれまでのつなぎだ。