2011年4月26日火曜日

これからは電力消費ピーク時には自動的にバッテリーに切り替わるという家電が常識となるだろう。エコポイント制度復活したほうがいいね。 | バッテリーに簡単切り替え 東芝が新型TV - 日経

日経11.04.21朝
・・・東芝は電力使用がピークとなる夕方などの時間帯に、電源を家庭用コンセントから内蔵バッテリーに切り替えられる液晶テレビを7月に発売する。まず19型で、バッテリー電源だけでも最長3時間視聴できる。リモコンの「ピークシフト」ボタンを押すと、電源が切り替わる。夏場の電力不足に対応、ピーク時の電力消費分散に協力できる。32型の商品化も検討・・・

すばらしい。

これからは夜間電力を使って充電して、電力消費ピーク時には自動的にバッテリーに切り替わるという家電が常識となるだろう。

単にLED液晶を搭載しているからといってエコポイント対象になっている大画面テレビには疑問を感じていた。だって、大画面ならそれなりに電力を消費するのだから。

しかし、これは正真正銘エコポイント対象商品だろう。エコポイントが終わるのが早すぎた。

エコポイント制度、もう一度復活した方がいいのじゃなかろうか。