2011年4月19日火曜日

「増税しても景気は悪化しない」? 「ムード」って重要だと思うのだけれど。大体、増税する前にやることがあるだろう? | 復旧・復興費用の財源は増税で - 日経

日経11.04.07夕
・・・今の予算を組み替えて不要不急の歳出を復旧費に充てるという点では、両派ともに異論はないだろう。・・・それだけでは足りないことは明らかだ。そこでその先の財源だが、全部とまではいわないが、基本的には増税で賄うべき・・・増税して復旧・復興費に充てても景気を悪化させることにはならない。・・・増税で景気が悪化するのは、それを財政赤字の削減(国債の償還)に充てる場合だ。・・・(三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部長 五十嵐 敬喜)

増税しても景気は悪化しない!衝撃的な提言だと思った。

その悪化しない理由とは「増税で景気が悪化するのは、それを財政赤字の削減に当てる場合」だと。

自分はもちろん経済の専門家であろうはずもないから、こう聞けば何となくそうなのかなぁと思わなくもない。

しかし、はたして理論上の話と、実際の話は一致するだろうか。

人々の「気分」や「ムード」というのは現実に相当な影響をもたらすと思う。「増税」と聞いても、国民は景気よく金を使うだろうか。

増税しても国民の消費意欲とは関係なく景気は悪化しないという話なのだろうか。

大体、みんなの党じゃないけれど「増税する前にやることがあるだろう!」というのが正直な気持ちだ。