2010年12月30日木曜日

陽はまた昇るゆっくりと その時立てろ親指を! 日本はまだまだこれからさ。いくぜぇー!! | 衛星「みちびき」実証実験 位置測定、誤差3センチ内 日本版GPSへ道開く - 日経

日経10.12.28朝
国産測位衛星「みちびき」を使い、走行中の車の位置を誤差3センチメートル以内と、民生用としては世界最高精度で測定することに国内のグループが成功・・・(GPS)と併用して実現した。政府は24時間使えるシステムに必要な2基目以降の衛星打ち上げにも前向き・・・三菱の鎌倉製作所・・・従来のGPSだけの場合、精度は10メートルどまり・・・米国のGPSに依存せず同等の精度を常時可能にするには、あと6基・・・安全保障・・・米国とロシアは独自に全世界カバーするシステムを既に構築・・・GPSは年間約650億・・・準天頂衛星は7基でシステムを構築しても100億・・・

10mから3cmの精度になったということはざっと300倍の精度。JUSTすばらしい。

ただこの性能はアメリカのGPSに頼っての性能。是非アメリカに頼らずこの精度を実現できるようになってほしいものだ。別にアメリカを敵にしようというわけではない。この精度を自前で持つことで、ソフトウェア開発を含め、色々な可能性が出てくると思うから。

100億必要らしいけれど、これは確かに大金だ。しかし、他の政策には兆単位で金がかかっていることを考えれば、はした金ともいえる。

これを出すか出さないかは政府がどのような成長戦略や選択と集中の意識を持っているのかが問われるのだと思う。

しかし、政府は前向きだそうで。すばらしい。

追記11.01.05:政府はその後、6~7基打ち上げる方針を決めたようだ。すばらしい。
日本版GPS、衛星7機態勢へ…精度10倍に (読売新聞) - Yahoo!ニュース

今年はこれでブログは打ち止めだろう。この成果を見習って、自分も少しでも日本の役に立つよう努力していきたいと決意を新たにする。

陽はまた昇るゆっくりと その時立てろ親指を!

日本はまだまだこれからさ。いくぜぇー!!