2010年9月10日金曜日

iOS開発者規約が緩和。iOSにFlashが搭載される可能性もまったくのゼロではないかもしれない。

AppleがiOSの開発者規約を緩和したらしい。
アップルがiOSの開発者規約を緩和、App Store審査ガイドラインも公開 - engadget日本版

・・・Flashによるアプリ開発を締め出した3.3.1節などを改訂し、今後はiOSアプリの開発にサードパーティのツールが利用できます......という重大かつそっけない声明がアップルから発表されました・・・

Appleは4月にiOSの開発者規約を改定し、事実上FlashでiOSのアプリを開発する可能性は閉ざされた。Adobeもそうだったろうけど、自分も大きく落胆したものだ。
iPhone アプリ開発の制限強化、Flash他から変換を締め出し - engadget日本版

・・・つまり Adobe が Flash CS5の目玉機能としてアナウンスした「Flash から iPhone ネイティブアプリへの変換機能」などを使ったアプリは許されないことになります。短く言えばクロスコンパイラの禁止。・・・

5ヶ月ほど経って、この規約が再び緩和されたということらしい。


事実を確認しなければならない。Appleの公式声明にはこうある。
Statement by Apple on App Store Review Guidelines - Apple

・・・today we are making some important changes to our iOS Developer Program license in sections 3.3.1, 3.3.2 and 3.3.9 to relax some restrictions we put in place earlier this year.

In particular, we are relaxing all restrictions on the development tools used to create iOS apps, as long as the resulting apps do not download any code.・・・

確かに、アプリがいかなるプログラムコードもダウンロードしない限りにおいて、開発ツールの制限(Flashなどのクロスコンパイラの使用を指すと思われる)を緩和する、とある。本当だ。


Tech Crunch Japanによれば、今回の規制緩和によってAdMobなどのアプリ内広告の利用も可能になったようだ。
Apple、新しいApp Store向けデベロッパー規約を発表―Googleは安堵のため息 - Tech Crunch Japan

・・・さきほどGoogleはMobile Adsブログ上でAppleがAdMobの参入を認めたとして歓迎する声明を発表た。Appleの新しい規約はiPhoneアプリ内広告に関して〔Apple自身によるもの以外の〕 多くの競争者の参入を許し、多様なプラットフォームによる広告ソリューションを可能にするものだ。・・・


と、言うことは・・・と思い、iOS Dev Centerにログインすると、やはり新しい規約に同意するよう促す表示が。速攻で同意しておいた。


Appleが方針を転換することなどないだろう、と思っていたけれど、さすがのAppleも世の中の動きや開発者の意見を取り入れて方針転換する場合もあるという証拠だろう。

と、言うことは、iOSにFlashが搭載される可能性もまったくのゼロではないということだろう。

開発者としてだけでなく、ひとりのユーザーとして、iOSのブラウザでFlashを表示できないのはやっぱり不便なんだよなぁ。これが率直な気持ち。