2010年9月29日水曜日

沖縄は地理的にも歴史的にも、本当に宿命的な場所だと思い知る | 南西諸島 防衛で議論 与那国島、陸自配備も視野 - 日経

日経10.09.29朝
・・・政府は日本の最西端の与那国島への陸上自衛隊の配備を検討。民主党の一部からは尖閣への自衛隊常駐の検討を求める動きもある。政府は尖閣への配備には慎重。・・・防衛省は2011年度予算の概算要求で、与那国島などを含む先島諸島に陸上自衛隊を配備するための調査費をはじめて計上・・・民主党内でも松原仁衆院議員らが既に、尖閣への自衛隊常駐と漁業中継基地などの経済的拠点の構築を政府に求める声明を発表・・・

沖縄は地理的にも歴史的にも、本当に宿命的な場所だと思い知る。

沖縄の人々は基地など真っ平御免だろう。しかし、いざという時に沖縄の人々自身を守るためには、たとえ米軍でなくても、自衛隊を配備せざるを得ないのだから。

尖閣諸島には、あからさまに自衛隊を常駐しないまでも、漁業中継基地など、何らかの明らかな日本の建物を早急に建てるべきだと思う。