2010年7月30日金曜日

毎週木曜夜はYouTube Data APIを使う開発者にとって恐怖の時間帯。今週は何が出るか?

YouTubeは常に改善を行っている。YouTube Data APIのフォーラムをのぞくようになってから、それは日本時間で毎週木曜の夜あたりに行われる場合が多いようだとわかった。

昨日はYouTubeのユーザーページでもランダム再生を可能にするなどの改善が行われたようだ。API、特にThe Chromeless Playerがどうなったかが気になるところだ。前にデグレしたことがあって、独自プレイヤーが使い物にならなくなったことがあったから・・・

朝起きて確かめてみると、今回は特にデグレは見つからなかった。ただ、ひとつ気が付いたことがあった。コンソールにこんな感じで見慣れないメッセージが出ている。

GET AD BREAKS : BaseAdbreakDefiner
loading: [AdSlot: break.start=0 id=0 loader=[object AfvAdLoader]]

ふむ。これは恐らく、chromeless playerで広告が表示できるようになったということではなかろうか。

それとも、もともと広告表示機能はあって、ただ知らなかっただけ?chromeless playerを使っていて広告が表示されるビデオは見たことないけれど。

しかし、Content IDシステムのからみで権利者が広告を挿入する事ができるようなので、chromeless playerにもその機能が追加されたという事なのかもしれない。

琴線探査: 「削除か広告挿入か?」と選べるところがGoogleらしい | YouTube、最大アップロード時間を15分に延長 - Tech Crunch Japan