2010年6月24日木曜日

YouTube Data APIで最新の再生回数を取得するには? PART2 たぶんこれで決定打

いやはや。YouTube Data APIで最新の再生回数を取得する方法で紆余曲折してきたわけだけど、どうやらこれで決定打となりそうだ。

http://gdata.youtube.com/feeds/api/users/(username)/uploads/(videoid)

10.05.28の時点でもこの方法はわかっていたけど、その時はこのクエリで取れる再生回数は最新ではなかった・・・ハズだ。
琴線探査: YouTube Data APIで取得できる最新の「再生回数」はユーザーページの「動画」にある!

しかし今は、このクエリで取れる再生回数は限りなく最新に近い。200本ほどのビデオで確かめた。APIのアップデートが行われたのだろうか。

ということはもちろん、このようにユーザーのアップロード動画リストを全て取得して自分でフィルターする必要はない。「Retrieving a partial response」機能も必要ない。
琴線探査: YouTube Data APIで絞り込み検索をしても一発で必要な情報を取れるわけではなかった・・・

シンプルになった。しかし、まだ完全にシンプルになったわけではない。

「検索結果を得た時点で最新の再生回数が取れる」

これが完全にシンプルになった状態であり、普通の動作だし、期待される動作だ。

なぜYouTubeはこうでないのか?色々問題があるのだろう。今後の改善に期待したい。