2010年6月17日木曜日

JAXAまた世界初の快挙!ただ、無線じゃなくインコム的有線がよかったなぁ | 宇宙ヨット「イカロス」展開した帆を撮影

日経10.06.16夕
・・・JAXA・・・宇宙ヨット「IKAROS(イカロス)」・・・宇宙空間で帆を広げている状態の撮影に成功・・・搭載していたカメラを本体から切り離して撮影・・・太陽光を帆に受けて宇宙空間を航行する。燃料を搭載する必要がない・・・遠い惑星の探査機の開発に役立つ・・・100年以上前から構想はあったものの、世界で成功した例はない。

またJAXAが立て続けに世界初の快挙を成し遂げた。すばらしい。

はじめはガンダムの「インコム」よろしく本体からカメラを切り離して自分自身を撮影したのかなぁと思ったら、そうではないようだ。
オールレンジ攻撃 - Wikipedia

ここにはイカロスについてのより詳しい情報がある。
~翼を広げて~ IKAROS(イカロス)専門チャンネル

カメラは本体からバネで飛び出し、数十メートル先から広角カメラで撮影。無線で画像データをイカロスに送信する仕組みらしい。電池がなくなると停止してゴミになるようだ。もったいない。

どうせならインコムのように有線にしてカメラ側に姿勢制御装置を付けたらどうだろう?有線なので電源もイカロスから供給できるし、何度でも稼働させられる。しかも姿勢制御装置付きならどんなアングルからでも撮影できる。

太陽光発電で燃料なしで半永久的に航行できるというのはいかにも日本らしい。しかも100年越しの構想で世界初らしい!

JAXAは予算増額だな(^^)

しかしですねぇ・・・画像とかが「(C)JAXA」になってるのはいかがなものか。NASAのように自由に使えるようにすべきじゃなかろうか。

NASA - Using NASA Imagery and Linking to NASA Web Sites
・・・NASA still images; ・・・・generally are not copyrighted. You may use NASA imagery, ・・・This general permission extends to personal Web pages.・・・

こういうところに姿勢が出ていると思うのだ。画像やビデオやサイトも一生懸命作っているのだから、自由に使えるようにしてもっと見てもらうべきだろう。営利企業ではないわけだし、見られてなんぼ。

これで興味をもった人は宇宙開発を支持するだろう。特に子供たちの場合は将来の宇宙開発を担うことになるかもしれない。重要なことだ。NASAはこれを重々承知しているからフリーなのだろう。