2010年5月20日木曜日

口蹄疫ワクチン接種で時間を稼ぎ、薬物注入して石灰とともに地中に埋葬。南無阿弥陀仏・・・ | 口蹄疫処分30万頭 - 日経

日経10.05.20朝
・・・対象の牛豚は30万頭を突破する見込み・・・対策費が300億〜400億円・・・開始から5〜4日で全頭のワクチン接種を完了し順次、殺処分する方針だ。畜産農家には1頭あたり牛で60万、豚で3万5000円の奨励金・・・10〜20キロメートル圏内の畜産農家には、市場への早期出荷を促す。緩衝地帯を作ってウイルスを封じ込める狙い・・・

なんと30万頭を殺処分しなければならないとは・・・南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏・・・

別の記事では、全頭処分には数カ月オーダーで時間がかかるらしく、ワクチンを摂取して時間を稼ぐつもりだということが書いてあった。

さらに、殺処分の方法についても書いてあった。薬物を注入して消毒用の石灰と土で地中に埋めるそうだ・・・なぜ火葬にしないのだろう?何か理由があるのだと思うけど。

埋めた場所には、牛さん塚、豚さん塚を作らなければならないだろう。南無阿弥陀仏。