2010年4月9日金曜日

Jobs曰く「そもそもタスクマネージャーが必要だったらUXチームの大失敗」 iPhone OSは既存OSのコンパクト版にあらずか | Apple iPhone OS 4.0のまとめ - Tech Crunch Japan

Apple iPhone OS 4.0のまとめ - Tech Crunch Japan

・・・現在までに販売されたiPhoneの総計は5000万台・・・iPhone、iPod touchとも第1世代は4.0が作動しない・・・マルチタスク・・・タスクマネージャーはない・・・Jobsは「なぜならそんな必要がないからだ。そもそもタスクマネージャーが必要だったらUXチームの大失敗だ」と説明・・・iPhone 3G、iPod touch 第2世代はマルチタスクが不可能・・・待受画面の壁紙・・・iAd・・・Appleは携帯広告の質を高めようと考えている・・・インタラクティブでありかつ感情を伝えられるようなビデオ広告コンテンツをアプリの内部で表示する方法を開発した・・・広告はすべてHTML5で書かれる・・・

iPhoneはまだ世界に5000万台しかないのか。まだまだ楽しみはこれからということだ。

4.0の動作はさすがに制限が出てきたようだ。iPhone 1G、touch 1Gではそもそも動作しなかったり、iPhone 3G、touch 2Gではマルチタスクが動作しなかったり。iPhone 3Gもよく頑張ったよ。そろそろお疲れ様ということだなぁ。

iAdはどういった広告方法なのだろう。ビデオ広告のようだが・・・まさかアプリの動作にいきなりカットインしてくるようなものではなかろうが・・・

様々、やはりプレゼンそのものを見る以外にないだろう。
Apple - QuickTime - April 2010 Apple Special Event

最後に、印象的なのはJobs氏のこの言葉だ。

「そもそもタスクマネージャーが必要だったらUXチームの大失敗」

なるほど。iPhone OSというのは単なるPC用などの既存のOSのコンパクト版ではないということなのだろう。むしろMac OSのもっともっと先へ行こうとしていると思えてならない。