2010年4月15日木曜日

この映像はリアル電車でGOだ | 相鉄HD ソフト配信参入 iPhone向け 電車映像など - 日経

日経10.04.15朝
・・・相鉄電車の運転席から撮影した動画や、神奈川県内の地域情報などの動画・・・「相鉄アプリ」を、ソフト開発のピー・アール・オー(横浜市)と共同開発・・・相鉄の広報誌「相鉄瓦版」を全ページで閲覧できるほか、相鉄車両の貴重な写真・・・料金は無料・・・5月中に有料サービス・・・相鉄グループのケーブルテレビ会社の動画番組も配信。横浜周辺の店舗や、神奈川県内の地域情報も紹介・・・

というわけで、早速試してみることに。

初回起動でイキナリ落ちた。不安を覚えたが、再度起動させると問題なく起動。今のところ、コンテンツは「相鉄瓦版」、「サンプル写真」、「サンブル動画」の3つのようだ。


「サンプル動画」は、後からダウンロードすることで追加された。


ローカル紙のデジタル配信の可能性を感じる 「相鉄瓦版」


相鉄瓦版は本当に全ページ見られる。レイアウトがiPhone用に最適化されているのかわからないが、ズームしなくても読める程度の文字の大きさでなかなか読みやすい。

相鉄はよく乗る路線だが、相鉄瓦版というのがあることも知らなかった。周知、普及という面、どこからでもネット経由で手に入るという面で、こういったローカル紙のデジタル配信の可能性を感じた。


貴重なショット 「サンプル写真」
さすが、普通では撮影できないような写真があった。車両がまるでおもちゃのように釣り上げられている写真がおもしろい。


リアル電車でGOだ 「サンプル動画」


運転席から撮影した映像。これはまさにリアル電車でGOだ。動画を流しているだけで奇妙な感覚を味わえる。映像はダウンロード式で、WiFiでも結構時間がかかる。ガラスごしの撮影なので映り込みが少々残念だった。もしガラスの外にカメラを設置して録画できれば、よりリアルに感じられると思う。


全体を通して、ナビゲーションがもう少し使い易くなればと思った。これからアプリ内課金などで有料コンテンツが始まるようだが、今後の様々な可能性を感じさせてくれるアプリだと思う。

JRや小田急、その他の路線も追随する可能性もあり、先駆けとなるアプリではないだろうか。とりあえず、箱根登山鉄道が作ってくれると楽しそう。