2010年4月22日木曜日

モバイルデバイス上ではFlashだけでなくHTML5でさえもサブかもしれないし。やっぱりネイティブアプリだろう。 | Adobeの戦略発表会、iPhone向けFlash開発の打ち切り決断 - ケータイ Watch

Adobeの戦略発表会、iPhone向けFlash開発の打ち切り決断 - ケータイ Watch

・・・「Packager for iPhone」・・・CS5では機能を提供して出荷する・・・Packager技術は提供するが、今後Packagerへの投資はしない・・・アップルはオープンな環境を採用しないことを選択した・・・逆に排除された我々には追い風になるだろう・・・


CS5ではPackagerを削除してリリースするのかと思ったら、そうではないらしい。結局、審査には出せないのでリリースする意味がどれだけあるだろうか。Adobeもそれをわかっているから、もう投資はしないのだろう。

ところで、AdobeはFlashをオープンというが、Flashは本当にオープンか?結局はAdobeがPlayerの仕様を作って開発しているように見えるが。

排除されたことはAdobeにとって追い風・・・そうは思わない。ここでAdobeは大きく変わらなければならないのじゃなかろうか。

当面はFlashをドライブするとしても、すり寄る先のGoogleも結局はHTML5を本命と考えている。であるならば、来るべきHTML5時代に備えてFlashで培ったノウハウをHTML5完全サポートIDEの開発に活用したらどうだろう。

もはやFlash/Flex/Airの開発はほどほどにしておかなければならなくなった。この件だけが原因ではない。

今後のコンピューティングの主戦場であるモバイルデバイスでは、やはり最適化されたネイティブのアプリが必要だとハッキリ気づいたから。モバイルデバイス上ではすでに、FlashだけでなくHTML5でさえもサブかもしれない。

1年前はこんなことを考えようとは夢にも思わなかった。